NEWS

洗剤詰め中。

うちの洗剤、全部手で詰めてます(笑)

詰めて、「うわっ!500グラム超えた」→ちょっと戻す。とかやってます(笑)

生産性とか効率とか考えたら、ものすごくバカなんですが、手で詰めてます。

どっか工場に委託して、流通に乗っけて、色んなお店に置いてもらったら楽だし、儲かると思います。

でも、この洗剤に関してはやんない。

そういうのは僕自身今までやって来たし、今でも、僕の顔がついて売ってるやつも探してもらうとありますよ。

でも、そういうことやっててもなんも変わらんなと。

だからこれは、ただ売れればいい洗剤じゃない。

この洗剤を通して、そのひとの洗濯がホントに変わって欲しいから売ってる。

だから、直販しかしない。

クリーニング屋さんとかも、店頭で売りたいと言ってくれるところが何軒もあった。

本当にありがたい。

でも、それもやりません。

僕が目の届く範囲だけ売れればいい。

僕の声が直接届くくらいの数だけ売れればいい。

何故なら、洗剤を「どう使うか」が一番大切だから。
その「どう使うか?」の部分をちゃんと、僕が伝えられる範囲の人に届けばいい。

けっこう「特殊な何かが配合されてるんですか??」とかって聞かれるんですが、そんなことない。

すごい画期的なとか、最先端のとかあると売りやすいけど、そういうのない(笑)

洗剤を作ってる時、なんか差別化のために色々入れたくなったりするんですよね。

あっちの洗剤に入ってないこの成分をとか。

散々やったけど、結局極めてオールドタイプというか、オーソドックスな成分になった。

だって、結局大事なのはそれを「その人がどう使うか?」なんだもん。それより効果的な「成分」無いんだもん。

洗剤もそうだし、洗濯機もそうだけど、その「人」の部分が置き去りになってるから、売り上げが目的になり、変な機能がついてきたりする。

そういうのってなんか無意味だなと。

大して洗濯好きでもないタレントを連れて来て、洗濯愛してる会とか言ってんじゃないよ。

とか

完全消臭と言ってるのに、何でそんなに香料が強い柔軟剤なんだよ。

とかとか

なんで、冷蔵庫が洗濯のこと話し出すんだよ。

とかとかとか。

なんかおかしくね??

もっと本質的なことを考え直せやと。

最近、心は穏やかなんですが、世の中の洗濯に対して、また怒っております(笑)

洗剤を詰めながら・・・